読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立体雑記帳

立体だったり百合だったり

やがて君になる3巻、エクレア

f:id:yurichu:20161128215642j:plain

発売日をちょっと過ぎましたが、タイトルの通りこの2冊を買ってきました。百合本が同じ日に2冊も出るとか良い日ですね

エクレアについては百合アンソロジー本になります。参加者が計19名とかなり豪華なないようですが、お値段は1000円いかないくらいと大変お買い得な感じがしますね。本の値段設定もイマイチよく分かりませんな

 

f:id:yurichu:20161128222222j:plain

こちらはメロンブックスでの購入特典です。下二つはそれぞれの特典で、上は同時購入特典です。中身は設定資料だったりネームを載せたものになります。と言ってもネームって何の事だかよく分かってないんですけどね

 

まずやがて君になるの方の感想になりますが、今回はやたら先輩が積極的だったのが色々な意味で面白かったですね。話が進むにつれて段々とエスカレートしていってちょっと笑ってしまいました。最後はビックリしましたね

他にも主人公の方もかなり心情に変化が出てきてますね。だからこそ読んでる側としては辛くなってくるのがこの作品の面白いところですな。13話はこっちもヒヤっとしてしまいました

あと今回は副会長の出番が多かったですね。最初の頃は今後どう関わってくるか怖いキャラだと思ってましたが、3巻にてとても良い雰囲気になっていてちょっと安心しました。そういう展開も嫌いではないけど、心が痛む様な展開は精神衛生上宜しくありませんからね。

書きすぎるとネタバレになるのでこの辺にしておきますが、やはり今回もとてもよい作品でした。今から4巻が待ち遠しいのはいつものことですが、同時に先を見るのが怖いのも確かですね。今更ですが、こういう点では安達としまむらに似た点もあるように思いました。

 

次にエクレアですが、こちらはアンソロジーということもありシリアスだったりちょっとギャグっぽかったりと幅広い百合作品が載ってましたね。多分これ一冊を読めば気に入る作品と出会えるんじゃないかなと思います。

百合成分もかなり幅広く、精神的なつながりを描いてるものから普通にイチャイチャしてたり、作品によってはそれ以上やってたりとかなり濃厚な感じになっています。こういう本を手に取る人は多分平気でしょうけど、もしかしたら気になる人も居るかもしれないのでそこは注意が必要かも知れませんね。と言っても気をつけようが無いけど

ただ不満点としましては、アンソロジーということでどうしても一つ一つの作品が短いということがありますね。こればかりは仕方が無いのでしょうけど、ちょっと展開が速かったりもうちょっと続きがほしいという作品もあるのが残念に感じます。そういうのもあって自分は単行本の方ばかりを買ってしまうんですよね。

ですが良い作品ばかりなのは間違いありませんので、興味がある方は買って損はないかと思います。こうやって多くの作者さんが携わってると気になる作風に出会えたりしますしね。

 

今日の艦これ(E-2Jマス)

ボス戦S勝利12回

入手したレア?な奴

熊野

 

ボスマスと違って何も手に入らない事も多いのがつらい