読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立体雑記帳

立体だったり百合だったり

艦これピクトリアルモデリングガイド2

書籍 プラモデル ガレージキット

折角の休みだし気分転換にどこかに行きたいと思うのですが、暑いこともあってなかなか動き回る気力が起きなかったりします。しかも最近は天気が急変することが多いので尚更ですね。

 

f:id:yurichu:20150802213905j:plain

さて、今日はタイトルに書いた通り書店で偶々見かけたこいつを買ってきました。ちなみに丁度プラモデルを作り始めた頃くらいに1巻の方も購入してます。多くの艦の完成写真が載っていて見ているだけで楽しかったですね。加えてパーツの説明や売られているキットの説明もありまして資料としても役立ちました。

2巻の収録内容は2013年末以降にゲーム中で追加された艦が中心となっています。覚えている方も多いでしょうアイアンボトムサウンド以降ですね。今回も多くの艦について艤装の説明があったり、年代によって大きく変化している艦についてはその説明もあったりと資料としてもなかなか充実した内容だと思います。文章だけで書かれているのではなくカラーの完成品を使って説明されているのがとても分かり易いです。

加えて今回は船舶模型の作り方の解説も載っています。が、正直言いましてこの作り方の解説を期待して買うのは止めたほうが良いと思えるものでした。と言うのも内容が上級者向けなんですよね。駆逐艦の天津風と軽空母龍驤を使って説明がされているのですが、どちらもエッチングパーツなんかをふんだんに使った説明となっています。その為モールドなんかを普通に削り取っていたり、半田ごてを使ってマストを自作してたりと、正直そんなことをするような人はそもそも解説要らないだろというどの層に向けての説明か分からない状態になっています。使用工具の説明があるのは良いとは思いますけど正直なところ自分にも難しい内容でしたね。俺はエッチングパーツなんて二度と使わんからな

作り方の解説はちょっと残念な内容でしたが、資料としては普通に良いと思いますので、興味がある方は買ってみて損は無いのかと思います。船舶模型を作ったことが無い人がこの本の作り方の説明を見ると間違いなく尻込みするかと思いますが、実際に作ってみると割と何とかなるんで是非作ってみましょう。

 

f:id:yurichu:20150802220653j:plain

おまけで表紙イラストのポスターが付いてました。こういうのって切り取って貰う事を想定しているのでしょうか。それなら切り込み線くらい入れても良いのでは無いかと思ってしまいます。まぁくっきりと折れ目があるんで貼り付けて楽しむと言うのも微妙そうですがね。しかしどういう人選だこれ

 

冬のワンフェスで買ってきたガレキも残すところ2個です。ひたすら作り続けたお陰で部屋の様子もすっかり変わりましたね。次に作るのはこちら

 

f:id:yurichu:20150802221259j:plain

林檎連盟さんの斑鳩です、以前作りました飛鳥と同じディーラーさんですね。冬のワンフェスではこちらが新作でした。ゲームの方は知らんけど、見た感じだけだとこの人はかっこいい感じでなかなか宜しいんじゃないかと思います。同性にモテそうですね

 

f:id:yurichu:20150802221904j:plain

パーツ数は全部で22個です。加えてチェーンと腕章用のシールが付属していました。ガレージキットも結構な数を作ってきましたが、このくらいのパーツ数が一番標準的だったりするんでしょうか。艦これも艤装が無ければこのくらいのパーツ数が多いですね。ちなみに一番左の長い棒は刀の鞘の部分らしいです。長ぇなおい

 

f:id:yurichu:20150802222221j:plain

飛鳥さんの時もそうでしたが、今回も組立や塗装について丁寧な説明があるのでとても助かります。意外と使われている色が少ないですね。飛鳥さんは割りと良く出来たかなと思うので、こちらも綺麗に作りたいところです。しかしこうやって仲間を作ると他の奴らも作りたくなっちゃいますね。